逆に成人式をお祭りにしちゃえばめっちゃ有意義なんじゃないか説


新成人の皆様おめでとうございます。


さて今年も各地で成人式の話題が盛り上がりを見せていますね。


ネットの普及もあり成人式に関してはもう各地で話題に事欠かないですよね笑


成人式の問題について考える



と毎年お決まりのお祭り騒ぎを見せ、そしてまぁ

大人達から叩かれる叩かれる

というのがお決まりじゃないですか笑


最近の若いもんは、とかそんな感じで。


実際はこうやって目立ってる人たちめっちゃ多いですけど言うても全体の一部なわけだし、

成人式のいろいろなニュースによって若者の評価を下げてしまうのってなんかもったいない!

と思います。


意味わからんやつらが意味わからん行動してる、って叩くのは簡単だけどそうやって全く理解を示さなかったり否定するだけでは社会は良くならないしナンセンスなんではないかなと。


こういう成人式の問題に対してお堅い大人が

「真面目に式を受けなさい!」

とか

「大人なんだから!」

とか正論っぽいことを頭ごなしに言っても伝わるわけも無いし関係が改善することも無いと思うんですよ。


大人だって昔学生時代の生徒指導の先生とか実際ウザかったでしょ笑


真っ当な大人に必要なのは

未来を良くするための建設的な議論

が必要です。

(国会の民主党みたいなことを真っ当な大人はしてはいけません笑)


人と人が対立の図式になってもお互いに分かり合えることはないでしょう。

お互いに相手は"敵"なんだから。


大人対若者、みたいな対立構造をいつまで続けていてもその溝が埋まることって無いんじゃ無いでしょうか。

そしてその対立の先にあるのは

規制強化

ですよね。


全然根本的な解決にはなってない。



成人式においてこの対立構造が起きてしまう大きな理由はなんだろうと考えると

需要と供給のずれ

と言えるんじゃないでしょうか。


式を開く側(市などの行政機関)

式に参加する側(新成人)

の成人式に求めるものが全くずれているからこういった状況になるんです。



「おとなになったことを自覚し、みずから生きぬこうとする青年を祝いはげます」

というのが成人式における日本国政府の目的です。


それに対して新成人が成人式に求めているものは

「久しぶりに地元の友達で集まる」

とか

「一生に一度の記念なので思い出作りをしたい」

とかじゃないですか。


初めからお互いの目的がもう完全にずれてるんだから仲良くなるわけがない。


これが例えば

スポーツ大好きなアウトドアーな男の人と映画大好きなインドアーな女の人のカップル、

とかならお互い歩みよって理解を深めて上手くいくかもしれませんが、

これはお互いに歩み寄る気があるから上手くいく可能性があるだけで

歩み寄る気もないなら絶対上手くいくはずないじゃないですか。


成人式をもっと意味のあるものにしようと思ったらもっと工夫が必要でしょうね。


現在は成人式が公式行事なのでこういう形をとっていますが、

例えば民間企業が成人式やっちゃうとかどうなんでしょう?


民間企業が成人式をやったら

ここからは僕が友達と話してて面白そうだねってなった案なんですが、


成人式を本当にフェスとかお祭りにしてしまう


ってのはどうでしょう?


仮に成人式(公)と成人式(民)としておきます。


お堅い形式的な行事、成人式(公)の中でお祭り騒ぎをするから問題になる

だけで

フェスやお祭りの中でお祭り騒ぎしてもそれはイコールめちゃ盛り上がる

ってことじゃないですか。


具体的に考えたのは

・成人式(公)の前日くらいに同じ会場か他の大きな会場を利用して成人式(民)を開催する

帰省とか衣服レンタル、髪を染めるなどのことを考慮すると成人式(公)の日程と近い方が良い。

・成人式(民)に地元の仲間と組んで出店を出してもらう

学園祭や地元のお祭りみたいな感じでたこ焼き屋など。騒ぎたいタイプの人はこういうイベントごとには全力投球します。僕もそうでした。笑

・成人式(民)に企業から協賛を取り、様々なブース出展をしてもらう

飲食などはそのまま出店を出す。飲食以外の企業もお店や商品の宣伝を行う。ここはいくらでも選択肢はあるはず。新成人に商品のサンプリングが出せるのも企業からすれば大喜びのはず。

成人式(民)のメインステージにてバンド演奏、合唱、劇などを地元の友達とチームを組んで出演してもらう

これは文化祭をイメージすれば良い。これも騒ぎたいタイプは本気で取り組んでくれるはずなのでクオリティが期待出来る。一日中タイムテーブルを組んでステージは進行しつつ、いろいろなブースも回りつつ丸一日楽しめる。

・地域の方々にも遊びに来てもらう

若者を中心として盛り上がりを見せれば地域の子供からお年寄りまで幅広く注目することは間違いない。若者のイメージアップにもつながり「最近の若いもんは...」というあのお決まりの文句を減らすことが出来る。

・成人式(民)のトリはゲストで氣志團

これは盛り上がるでしょ。

・成人式(民)のステージにゲストとして市長などにも登場してもらう

ここで市長も一緒に盛り上がりつつ成人式(公)での注意点などを伝えればかなりイメージ良く新成人に伝わるかと思う。そしてお堅い行政のイメージアップにもつながることは間違いない。福岡市の高島市長にはぜひDJとして登場していただきたい。笑


お祭り騒ぎは成人式(民)で十分に行うので次の日の成人式(公)は儀式として成り立ちやすくなり大人から叩かれることもなくなり、若者達のエネルギーを地域活性化に直結できるんではないだろうか。


名前は「成人祭」とかかな。

もしこれが実現したらめちゃくちゃ面白いことになるでしょう。


オレンジの人のブログ

ミュージシャンから起業家へ DOこと近藤悟のブログ オレンジ色の人

0コメント

  • 1000 / 1000