2017年俺が関わりたく無い人4選 〜もはや好きな人とだけ関わっとけばいい時代なんじゃないか説〜


2017年俺が関わりたく無い人4選

こういう奴ら嫌いだから見つけたらさっさと無視するか距離置こ、って人たち。



1.お酒飲めるイコール正義人間

そしてあんまり飲めないんですよって伝えたら
「慣れだよ慣れ!俺もこうやって飲まされて強くなったんだから!」
って言うやつ。


残念ながら弱い人が劇的に強くなるということはありません。少し飲める量が増えるといった程度です。
ALDHのアセトアルデヒド分解能力は大きな個人差があることが知られていますが、これは遺伝で親から受け継いだALDHの遺伝子によって決められています。

http://futsuka-yoi.com/hereditarily_weak/


精神論はイイから勉強しろボケ!
遺伝的にお酒に強いってだけで大きい顔するやつって本当に頭沸いてるんじゃないですかね。

まだお酒をほとんど飲んだことが無い二十歳の大学生とかに対してはそりゃあ飲んでみたら意外と飲めるかもよ、ってのはわかりますがこちとらもうアラサー。自分が飲める量くらい分かってるっつーの。

少し肩を持つなら俺にお酒を飲んでもらってテンション上げてもらって楽しく飲みたいっていう気持ちはわかる。
しかしそれならもっと伝え方があるはず。一緒に楽しもうっていうことをちゃんと伝えよう。


だって飲みすぎたら俺寝るからね。
俺が寝ちゃったら楽しむも何も無いでしょ。
なんならシラフでも酔っ払いと一緒に楽しめるんで。

アルハラ良く無い。


2.説教おじさん

1と生息地がとても似ている人種。

「上下関係はしっかり大事にしなきゃ。やっぱこの世は義理人情だし人に気に入られなきゃ仕事とか出来ないからねー!そういうとこしっかりしていけよ!」

みたいな。


お前今俺に気に入られてないから一緒に仕事しないけどな!

って思います(笑)

ただパワハラしたいだけじゃねーか!


3.情弱マン

陰謀論とか不安商法に踊らされまくってる人。

〇〇は危険!とか世界の裏ではこんなことが起きてる、みたいな記事とかを脊髄反射的にシェアしちゃう人。

その記事、なんのために書かれてるか想像してますか?


オーガニック、食品添加物、内海聡、自己啓発、キラキラ系、三宅洋平、etc...
こういうの大好き系の人はこの傾向ありますよ。


うそはうそであると見抜ける人でないとインターネットを使うのは難しい

2chを作ったひろゆきさんも言ってましたよ。


情弱であるっていうだけでなくイイ大人が論理と感情が整理できてないっていうパターンが抱き合わせですね。

人間の心理なんて割と簡単なもんで操るテクニックなんてずっと研究されてる。感情を操作するなんて割と造作もないことなんです。


これからの時代情報リテラシーをつけないと本当に良いカモなんでみんな勉強しましょうね。


4.ネットビジネス、マルチ、セミナークソ野郎

未だにどこにもこういうやつらうじゃうじゃいますよね。

※ネットビジネスって別にその言葉自体が指すものは全然悪くないんだけどイメージしやすいように。


SNSにうじゃうじゃいやがる。一人見つけたら二十人はいると思え!

フォローありがとうございます!〇〇さんはどちらにお住まいですか?
ビジネスをやっていまして人脈を増やしたいと考えています!よかったらビジネスのご相談とかしましょうか?

成功マインドを身につけて会社を辞めて副業で自分の好きな時間に働いて年収1億!

あるビジネスの恩師との出会いでした...

今だけ無料で5名だけにそのビジネスノウハウをお教えします!


こんな感じの(笑)

連絡してきたら基本的に 死ね って返しましょう。(半分冗談)


ビジネスの形はいろいろあることは当たり前なんですが邪悪になるのは個人的には違う。

あとこう言う人たちの頭の中に社会のある問題を解決しようとかこういう風に良くしていこう、みたいなのが無いでしょ。


こういうやつら、ある程度情報持てる人たちからしたら完全に(笑)って感じなんだけどまだまだ騙される人が後を絶たないみたい。

全然こういう人たちのこと知らなくて友達に誘われてなんとなく言ってみたら何か凄そうだったのでズルズル関わっちゃうみたいな。
人の心理を操作するのは簡単だって話。

さっきの2とも繋がるけど今の時代情報格差が本当に致命的になると思うのでしっかり情報収集しましょう。


好きな人とだけ関わっていけ

現代はインターネットの普及や価値観の多様化、社会構造の多様化、グローバル化が進んだことにより「様々な人間が社会には存在する」ということが公然の事実でもあり多くの人々が実感するところかと思います。

今までは家庭、学校、職場、そういったレールを進む上で、自分の好きな人間だけでなく嫌いな人間ともうまく関わっていかなければいけない、それが大人になることであり社会というものなんだ、という意見が一般的であったのではないかと思います。一般常識とはこういうものだ、と。


確かに世の中にはいろんな人がいます。それは間違いない。でも先ほども言ったように多様な価値観が存在することがもはや言い逃れできないほど白日の下に晒されることにより「一般常識」のような固定の解を用意することが難しくなっていると思います。


上司とはこういうものだ、社会とはこういうものだ、といった一般論に対して本当にそうなの?そうじゃない人もいるしそれだけが常識じゃないよね?と誰もが反論出来る準備が整いました。

つまらない一般論に無理して合わせるでなく自分と同じ価値観の人間で集まってもそれはもはやマイノリティでもないし社会の外れものでもなく十分にコミニティを形成出来るようになっています。

唯一の正解なんて社会の中でもう無いのかもしれない。


例えば少し前まではメール一本で連絡を済ますのは失礼だ、ちゃんと直接電話で連絡したり面と向かって要件を伝えなさい、という価値観が広く存在していました。
しかし昨今では電話だと受ける側の都合を考えていないし時間を使う、メールで連絡だけしておいてくれれば自分の都合の良い時に連絡を返せるので電話は迷惑、という方も増えています。

こういった日々のちょっとした価値観のずれも摩擦を起こして少しずつストレスを蓄積することになります。


なので価値観が合わないもの同士で衝突を起こしながら
1+1=1.5
になるような生き方ではなく、価値観の合う者同士で
1+1=3
になるようなコミニティを形成していく時代だと思っています。


A社では嫌われ者でもB社では人気者だったり、不動産業界では非常識でもIT業界では当たり前だったり、日本では空気読めない奴でも海外では大成功したり、自分に合った土壌で勝負することができるはずです。
無理に合わせるために悩む必要が無いかもしれない。
今まで一般常識という縛りで人をくくりつけていたコミュニティからはどんどん人がいなくなっていくかもしれない。
全然自然淘汰されていい。

ある人が今いるコミュニティの中ではもしかしたらマイノリティで味方がいないかもしれない。でもインターネットを通して世界を見渡せばそうやってマイノリティで困ってる自分と似た人がいくらでも見つけれるはず。そしてそうやって価値観が合う者同士でオンライン上でもまたオフラインでもどんどん手を組めば良いし今はそれが出来る。


本質がどこにあるのか、自分の価値観を堂々とブラッシュアップしていこう。


ps.これ最近友達に紹介してもらったやつめちゃ気になります(笑)

オレンジの人のブログ

ミュージシャンから起業家へ DOこと近藤悟のブログ オレンジ色の人

0コメント

  • 1000 / 1000